診療案内 / 平井駅徒歩5分の歯科・歯医者なら、ひらい南口歯科へ|東京都江戸川区

診療案内
  • HOME »
  • 診療案内

初めての方へ

ひらい南口歯科から患者様へのお願い

平井駅の歯医者さん「ひらい南口歯科」では、患者様に合わせた「良質な治療」を行う為に、「充分な診療時間」を設けております。
その為、「予約制」をメインに診療させて頂いております。
ご協力、宜しくお願い致します。

  • 【キャンセルについて】…キャンセルの際は、必ずご連絡下さい。
    ①治療の内容によっては、お伝えしないといけない事もございます。
    ②計画通りに進まなくなり、当初の予定より「時間」「費用」がかかってしまう事がございます。
  • 【治療時間について】…次回の治療が長くなりそうな時は、事前にお伝え致します。
    お帰り時の次回ご予約の際は、「時間に余裕がある日時」をご予約して下さい。

※前のお客様の状況によっては、ご予約頂いていた時間よりも、診療スタートが遅れてしまう事が御座います。
出来るだけご迷惑をおかけしないように最善の努力は致しますが、ご理解・ご協力をお願い致します。

治療の流れ

①患者様のお話を伺います

当院では、まず「カウンセリング」を行います。
皆様のお口について気になる事を教えて頂き、確認をしながら治療の方針を決めていきます。
「気になる事」「ご希望」「不安な事」を教えて頂き、ご理解頂いた上で、治療をしていきます。
お気軽にご相談下さい。

②お口の状況を確認します

現在の歯の状況はもちろんですが、今後(将来)の事も考えながら治療方針を決めていきます。
「8020運動(ハチマルニイマルうんどう)」という、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動で、日本歯科医師会や厚生労働省で推進している運動です。
8020を達成するには、「歯を磨く事」はもちろんですが、しっかりとケア(歯石の除去、歯周病の治療、虫歯の早期発見・治療)を行っていくことも大切です。

③しっかりと違いを説明します

治療方法でも「インレー(詰め物)、クラウン(かぶせ・差し歯)、ブリッジ、インプラント、入れ歯」などや、使用する素材も「銀歯、金歯、セラミック、ジルコニア、セトモノ(陶器)、プラスチック」など、それぞれに長所と短所があります。
患者様一人一人にあった治療方法をご説明し、それから治療を行っていきます。

お気軽にお電話下さい

ひらい南口歯科
電話番号:03-5609-4614
診療時間 月曜~金曜 10:00~12:30 / 14:00~20:00
土曜 14:00~19:00
※祝日はその曜日が適用
JR総武線 「平井駅」南口徒歩5分

診療案内

最新の「デジタルレントゲン」

最新の「デジタルレントゲン」を導入しました。
「全域に渡って読影しやすいパノラマ画像」「小児パノラマ」などの機能があり、「より正確に」「よりハッキリ・くっきりと」「お子様やあごの小さい患者様」など、今まで以上のレントゲン性能を駆使し、治療に役立てる事が出来るようになりました。

セカンドオピニオンもお任せ下さい

他の歯科医院で治療中の方で「治療方法を他の歯科医院でも確認したい」「保険外治療の金額を比較したい」など、永久歯はもう生え変わることはありませんので、治療方法・治療方針などは、慎重にご確認、ご納得してから治療を進めることをオススメ致します。
お気軽に平井駅の歯医者さん「ひらい南口歯科」にご相談下さい。

次回の治療費をお伝えしております

平井駅の歯医者さん「ひらい南口歯科」では、次回の治療が通常よりも少し高くなりそうな場合は、事前にお伝えしております。
安心してご通院下さい。

知っていますか?江戸川区では・・・

知っていますか?
江戸川区では、健康保険証を使用して診療した場合、「15歳到達後の最初の3月31日まで自己負担0円」で、一般診療を受ける事が出来ます。
平井駅の歯医者さん「ひらい南口歯科」にお任せ下さい。
※保険診療の自己負担分を江戸川区が助成してくれる制度です。
※助成を受ける為には、医療証の交付申請が必要です。

親知らずの抜歯について

口腔外科としてよく行われる「親知らずの抜歯」ですが、歯の状態や治療方法によって異なりますが、平井駅の歯医者さん「ひらい南口歯科」では下顎の親知らずの抜歯は30分くらいで終わることが多いです。
「口腔外科」「親知らずの抜歯」は、平井駅の歯医者さん「ひらい南口歯科」にお任せ下さい。

インプラント治療オススメしない理由

平井駅の歯医者さん「ひらい南口歯科」インプラント治療オススメしておりません
もちろん、「インプラント治療」以外の選択肢がない場合もごく稀にあるかもしれませんが、「ひらい南口歯科」では「ブリッジ」「入れ歯」をオススメしております。

理由としましては、

    ①身体への負担・・・
    まず、インプラントは顎の骨に直接埋入させます。
    通常の歯の治療と違い、状態にもよりますが、歯を完全に抜き(抜歯)、骨に金属を固定する事が必要です。(埋入)
    骨の質によっては、「長期間は利用できない」「インプラント周囲炎」といった、インプラント独自の歯周病になる可能性もあります。
    「ひらい南口歯科」では、今ある歯を出来るだけ永く使えるように治療をし、身体に負担が少ない方法オススメしております。
    ②保険が利かず高額・・・
    「ブリッジ」や「入れ歯」は保険が利くものと、保険外の2種類ありますが、「インプラント」には保険が利きません
    通常の歯の治療の中では「一番高額」で、「利益幅もある」ため、歯医者にとっては大きな収入源の一つと言わざるを得ません。
    インプラント治療をやらない「ひらい南口歯科」では、患者様から「インプラント」をどうしても利用したいと要望があった際は、信頼できる他院をご紹介しております。
    ③治療期間が長い・・・
    「インプラント」は、治療部位や状態によって異なりますが、埋入したインプラント(金属)と骨が強く結合する必要があるため、治療には約4~6ヶ月は必要となります。
    治療後は、約2ヶ月に1回は、「歯石取り」や「歯周病の予防・治療」が必要となります。
    ④術後の痛みや腫れが出やすい・・・
    「インプラント」の手術中は、麻酔をしていますので痛みはありませんが、顎の骨にインプラント(金属)を固定させる(埋入)させるため、身体には大きな負担があります
    「腫れ」はもちろんのこと、「痛み」「しびれ」「骨に響く」など、患者様によってはそれが永く続く方もいらっしゃいます。
    「ひらい南口歯科」では、「リスク」を冒して「インプラント」にするか、無難に「ブリッジ」「入れ歯」にするかを、患者様とご相談しながら治療方針を決めています
    ⑤経年劣化による見た目の悪さ・・・
    「インプラント」で問題になる例としましては、歯肉の退縮により、「歯が長く見える」「歯根部分の金属が透けて見えるため黒く見える」や、骨が痩せてしまい「インプラント」が「抜ける」「ぐらつく」などです。
    万が一、「インプラント」をやり直す場合は、「骨の移植」「骨造成」などを行ってから、再度「インプラント」の手術となります。
    「ひらい南口歯科」では、「インプラント」による「メリット」よりも、「デメリット」の方が大きいと思っておりますので、「インプラント」治療をオススメはしておりません



PAGETOP